院長から皆様へ

医師となり脳神経外科を選んで15年、慶應義塾大学病院、川崎市立川崎病院などで、生命にかかわる重症の患者さまを多く診て参りましたが、脳の病気は、「早期発見、早期治療」と、「一次予防」が大切と痛感いたしました。

脳の病気の早期発見には、高度の検査機器が必要です。幸いにして日本では、高度の検査機器が普及していますが、大学病院など、大病院に備えられていることがほとんどです。大病院では、急性期治療、入院治療に重点が置かれ、通院での診察や検査には時間がかかることが多く、患者さま、医療者双方、納得のいく治療が困難であるのが実情です。

大学病院レベルの高度な検査を迅速に行い診断する「早期発見、早期治療」や、総体的、総合的な診断と、きめ細やかな治療・生活指導などの「一次予防」を患者さまのご満足いただける形で提供したい、そんな思いから、さぎぬま脳神経クリニックを開院することになりました。

当院は、患者さまが何でもお気軽にご相談いただけるよう、ホスピタリティー(hospitality:温かいおもてなし)の心をもって、スタッフ一同、みなさまをお迎えいたします。

地域のみなさまの健康に貢献できるよう、全力を尽くしてまいります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さぎぬま脳神経クリニック院長 島崎 賢仁
Kenji Shimazaki

理念

脳の専門医として最善の医療を提供し、地域のみなさまの生活の質の向上に貢献する。

方針

安全、高品質かつ常に最新の診断技術で、脳疾患の早期発見をめざします。
脳だけでなく全身を診る、最良の予防医療の提供をめざします。
居心地の良い空間を作り、患者さんの健康づくりのお手伝いをします。



経歴

慶應義塾普通部卒業
慶應義塾高等学校を経て
平成4年   慶應義塾大学医学部卒業
平成4年   慶應義塾大学病院研修医
平成5年   静岡赤十字病院脳神経外科に出向
平成6年   足利赤十字病院脳神経外科に出向
平成7年   慶應義塾大学医学部 脳神経外科研究室に帰室
平成11年 済生会宇都宮病院脳神経外科に出向
平成12年 川崎市立川崎病院脳神経外科副医長
平成16年 川崎市立川崎病院脳神経外科医長
平成19年 さぎぬま脳神経クリニック開業


資格

医師免許証
日本脳神経外科学会専門医
医学博士
日本脳卒中学会専門医(専門医試験認定)

所属学会

日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会
日本脳ドック学会
日本頭痛学会
北米神経科学学会